サンコレクション

日本橋本店0120-355-305
平日/土日祝
芝大門店0120-688-305
平日/土日祝

神社・式場案内

十番稲荷神社

由緒

 十番稲荷神社は、もと末広神社(旧坂下町鎮座)および竹長稲荷神社(旧永坂町鎮座)である。両神社は、昭和二十年四月二十五日に戦災に遭い焼失してしまったが、昭和二十五年六月復興地区画整理により、両社境内地を現在地に換地、隣接指定された。その後両社は合併して社名を十番稲荷神社と改称した。
<末広神社由緒>
慶長年間(一五九六〜一六一五年)に創建され、元禄四年(一六九一年)には坂下東方雑式に鎮座していたが、同六年永井伊賀守道敏が寺社奉行の時、坂下町四一の社域に遷座された。往古より境内に多数の柳樹があり、「青柳稲荷」と称されていたが、後にその中の一樹の枝が繁茂して、扇の形をしていたことから「末広の柳」と呼ばれるようになり、社名に冠されて末広稲荷と称された。その後、明治二十年四月に末広神社と改称された。
<竹長稲荷神社由緒>
弘仁十三年(八八二年)に慈覚大師が、八咫の神鏡をもって武蔵国豊島郡竹千代丘(今の鳥居坂上)へ稲荷大神を勧請(神様の分霊を還し迎え鎮め祭ること)した。その後、弘安二年(一二七九年)に鳥羽氏が社殿を再建した。そして寛永元年(一六三四年)三月永坂町に遷座された。

概要

所在地 東京都港区麻布十番1-4-6
挙式料 50,000円
挙式参列可能人数 424名まで着席可
雅楽 別途料金にて可(要応談)
駐車場
ホームページ http://www.jubaninari.or.jp
アクセス 南北線 麻布十番駅 4番出口 5分
(南北線でお越しの場合は一旦外に出られたほうが地下を抜けられるより早いです。)
大江戸線 麻布十番駅 7番出口 0分
日比谷線 六本木駅 徒歩10分

挙式可能な神社一覧